MBS innovation DRIVE

Information

「豊岡鞄SDGsプロジェクト」クラウドファンディング開始のお知らせ

このたび当社が、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)、株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション(本社:広島県広島市、代表取締役社長:井坂晋)と連携し実施した「豊岡鞄SDGsプロジェクト」(以下 本プロジェクト)が、株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入一真、以下CAMPFIRE)の特設ページでクラウドファンディングを行なうことになりましたのでお知らせします。当社は本プロジェクトに商品マーケティングやブランディングで協力をしており、クラウドファンディングは海洋環境に配慮した商品などの開発を目的として2021年10月28日から開始されます。

本プロジェクトについて
豊岡鞄は、日本有数の鞄の生産地として有名な兵庫県豊岡市の地域ブランドとして認定され、1900年のパリ万博など世界の場にも出展した歴史があり、現在もSDGs目標の達成に向け、サステナブルなモノづくりに取り組んでいます。本プロジェクトでは、より魅力的な新商品の企画と販売を通じた地域人財育成を目的として当社と連携し、各講座での学びと本プロジェクトのコンセプトメッセージ(注1)に基づき、豊岡鞄認定企業のうち4社がSDGs新商品を企画しました。

<「豊岡鞄」SDGsプロジェクトの特設ページ>

https://camp-fire.jp/curations/toyookakaban

 1.クラウドファンディング開始日
2021年10月28日

2.SDGsプロジェクトでの企画
・コニー株式会社
企画名:「ワーママ meets 豊岡鞄!家族で使いたい親子バッグ、PAPAMO(パパモ)」
・有限会社クラフト
企画名: 「海洋プラスチックが高級鞄に!千年続く鞄産地×アップサイクルでこれからの海の為に」
・株式会社ナオト
企画名:「幸せをつかまえる鞄。ラックバックプロジェクト」
・株式会社由利
企画名:「漁網再生×豊岡鞄 アップサイクルTSURIバッグでいつまでもキレイな海を守りたい」
 

「豊岡鞄」SDGsプロジェクトで企画した4つのSDGs商品について
1.ワーママ meets 豊岡鞄!家族で使いたい親子バッグ、PAPAMO(パパモ)
https://camp-fire.jp/projects/view/491985
豊岡鞄の職人が手掛けたパパも一緒に使いたくなる育児用バッグ。現在は共働き世帯の増加により、夫婦で家事育児を共有するのが当たり前に。しかし、育児バッグ=ママのバッグになっていませんか?是非周りの子育て世代のママパパに広めたい、家族みんなの為のリュックを作りました。

2.海洋プラスチックが高級鞄に!千年続く鞄産地×アップサイクルでこれからの海の為に。
https://camp-fire.jp/projects/view/489537
海洋プラスチックを鞄の布地にアップサイクルしました。それを活用し千年の歴史を誇る『豊岡鞄』のルーツであり国の伝統工芸品の『柳行李』を、高級イタリアンレザーを使って表現した鞄を作りました。この鞄を通してSDGsにつながる取り組みを通じ、豊岡地域の魅力を発信します。

3.幸せをつかまえる鞄。「ラックバックプロジェクト」
https://camp-fire.jp/projects/view/492062
数多くの学校指定鞄を手掛けてきた弊社だからこそ学生が持つにふさわしいデザイン、丈夫なつくり、必要な機能を備えています。海洋環境に配慮した商品を選択することや、その再資源化された商品を手に取り、子供達と一緒に環境を考えるきっかけにしていただきたいです。

4.漁網再生×豊岡鞄 アップサイクルTSURIバッグでいつまでもキレイな海を守りたい
https://camp-fire.jp/projects/view/491543
皆さんはどれほどのゴミが海に捨てられているかご存じでしょうか?日本有数の美しい海に面する豊岡。この状況を打破したいとプロジェクトが始動しました。海に漂うゴミの一つである漁具(ゴーストギア)。それをアップサイクルした釣りバッグ、その名もゴーストギアバッグの誕生です!

当社は今後もこのような活動を通じて地域や企業との連携を深め、社会課題の解決につながる取り組みを推進していきたいと考えています。